脱毛サロンの被害

美容医療系クリニックや脱毛サロンに“失敗”は存在するの?

脱毛サロンで発生する被害や後遺症は存在するの?

レーザー脱毛を受術するにあたって1番心配なことは、酷い肌トラブルを起こすような被害や、素人では知り得ない後遺症など、知らないからこそ不安ですよね。
近年では、レーザー脱毛の普及も多く成されてきたものの歴史の浅い技法でもあるため、ちょっと怖いお話しですが、まだこれから後遺症などの深刻な問題点が出てくる可能もゼロではありません。
まずは、現時点で挙げられている皮膚への被害について見ていきましょう。

 

実際にレーザー脱毛を施行する前にレーザー照射テストをしてくれるサロンもあります。
その際に、テスト程度の照射でも赤く腫れ上がってしまったり痛みや痒みを伴ったりといった肌トラブルを引き起こす方もいます。
それどころかレーザーアレルギーなどといった体質が発覚する場合もあるので、本末転倒なお話しではありますが、ここでその事が分かればレーザー脱毛は受けられなくなります。というか、この時点で教えてもらえてラッキーなくらいです。
それを思うと、事前の照射テストはどこのサロンにでも必ず必要なものなのでは?と疑問も生じるところですよね...(。-_-。)

 

実際の被害例ですが、主に、炎症,発疹,火傷,色素沈着による黒ずみ、などが挙げられます。
中でも被害の多い“火傷”に関してですが、それを引き起こす原因の一つとして“施術施行者の技術不足”が懸念されます。
実際に現場へ立ち会っていた訳ではないので一概には言えませんが、起こりうる可能性の高い事として先ず考えられるのが“扱う脱毛器具の出力の調整”です。
レーザー光線の出力の調整には、本来ならば肌質や肌状態を踏まえて個人に合った出力で施術を行う必要があり、それを先ずは適当だとされる低出力からスタートして徐々に適応される限界まで出力を上げて行くことが理想の施術形態ですが、平均とされるマニアル通りの出力で急にスタートし結果として出力が強すぎたため火傷に至ってしまった、というケースが考えられます。

 

火傷に関しては出力以外の原因も挙げられます。それはメラニンを多く含む黒い肌やホクロです。地黒の方や日焼け後のデリケートなブロンズ肌に小さなホクロ、これらを甘く見ていたり見落としたりすると、メラニン色素に大きく反応したレーザー光線により火傷を引き起こしてしまう結果となります。

 

肌被害の他に、脱毛器具の衛生管理の面でも脱毛効果が不十分になってしまうようなケースも存在します。レーザー光線の出る照射先に汚れなどが付着しているような器具では正常な機能が果たせません。そのため施術内容がおかしくなってしまい脱毛効果の低下や火傷に至ってしまうようなことにもなり兼ねてしまうのです。

 

このようにレーザー脱毛の施術によって皮膚に起こり得る被害などは、施術施行者の技術力のみならず取り扱い器具やその管理形態なども関係してきますので、全てにおいて信頼を寄せられるところを選んでくださいね(^人^)

 

 

 

さて、話は変わりますが夏も本番です!

 

夏も間近になって日差しが強くなってますね。
私ももうすぐアラサーってことでお肌にシミを残さないように日焼けにはとても気を使うようになりました。
特に外出時だけでなくデパート等の屋内でのお出かけでもしっかり日焼け止めクリームを塗ってます。

 

屋内だからといって紫外線が当たらないかといえばそうではないんです。

 

建物を通して屋内にも紫外線が入ってくるって知ってました??

 

私の知人からそのような話を聞いた時にはとてもビックリ!!

 

それから何処に行くようになっても紫外線対策には気を使うようになってます。

 

特にこれからの時期は海水浴やアウトドアといった屋外での遊びが多くなると思います。

 

日傘だけじゃなくて生地の薄い長袖も持っていって方が良いですね!

 

日焼けしてしまうとその1年は健康的な色黒の肌へと魅せることができるのですが、この積み重ねがやばいらしい・・・。

 

肌細胞の中のメラニンという物質が紫外線から肌へのダメージを軽減しようと活発に生成されて、メラニン自体が黒くなっていくらしいのですが、
このメラニンが皮膚の中に蓄積されてそれが数年後〜数十年後にシミとして現れるからです。

 

紫外線を避けるとニキビ予防にもつながるんです。

 

おじいさんやおばあさんのぐらいの年齢ならば「もう仕方がないか」と思えるのですが、40代や50代ではまだまだ綺麗なお肌を維持していたいですものね。

 

 

ここからが夏本番!!照りつける日差しにお肌が負けないようにしっかりとマメにガードしてあげましょう!!

 

 

 

 

今日も鏡の前でにらめっこしてため息デス(/ _ ; )
若いうちのニキビは青春のシンボルマークだ ”なんて言ってママは笑ってるけど、私は真剣に悩んでるのにーーー
皮膚科に通いたくても治療費を出してもらえる感じでもないし、かといって自分のお小遣いじゃ足りないよぅ(T_T)
なんとか自宅で治す方法はないのかな.....?

 

今日はPCの前にかじりつき!“ ニキビ 治療 自宅 方法 ”で検索!!
でるわでるわの検索結果です。独自の治療法からクリニック推奨の市販薬まで、何を信じてどれを選んだら良いのか全くわかりませんf^_^;)

 

そんな中でも、結構いろんなサイトに書かれていたのが“ スキンケア方法の基本を守りましょう!”だったんです。これだけ多くのサイトがこぞって言ってることなんだから信憑性は高いと目をつけました^_?☆

 

肌質に悩む人たちの中でもその種類は人それぞれで、ニキビはもちろん、乾燥や脂性など悩みの種は尽きないようですね......
でもその“ スキンケアの基本 ”というやつは、どんな悩みの肌質にとっても共通して大切なことなんだそう☆

 

○ 洗う → 汚れをキレイに落とす。
○ 潤す → 水分補給。
○ 護る → 水分保持。

 

よく“保湿が大事 ”って言われますよね。保湿=水分補給&保持 ってことで、補給するだけだとその水分は蒸発して無かったことになっちゃうし、保持するにも保持するための水分が無かったら意味がないことになっちゃうし、汚れたままの肌に美容成分を乗せても汚れの上から押し込んでるだけで無駄なことになっちゃうし、どれか1つでも欠けちゃいけないそーです。なるほど納得ですよね?^_^

 

スキンケアと同時ニキビケアで肌質改善しよう!

 

まずは“ スキンケアの基本 ”からしっかり守ってちゃんとやりたいと思います!( ? ?ω?? )?口だけでやらないのが1番よくないから宣言します!まずは基本のスキンケア!!

 

と言うことで、今からその“ 基本ののスキンケア ”のノウハウを学びたいと思います!
“ スキンケア 基本 方法 ”で検索検索???(笑)^_^??ここに来てかなり前向きなアタシですwww

続きを読む≫ 2015/06/23 13:12:23

不安でいっぱいの中カウンセリングを受けてみると、それはとても丁寧で、知りたかったドクターサポートの説明や私の敏感肌であるが故の悩みに沿ったお話しも分かり易くしてくださいました☆
もう私は「この脱毛エステにお任せするしかない!」という気持ちにさせて頂いたので、契約手続きを経てこの脱毛サロンに通うことを決めました。ここで駄目ならもう駄目だと私は賭けにでて、このサロンで全身脱毛をすることに決めたんです!!!

 

しかし、不安が全く無かったのかというとそれは嘘になります。蓋を開けてみたら「あ?、やっぱ無理だねー。」とか「あ?、やっぱりそうなっちゃいましたか?。」なんてことになるんじゃないかと不安でいっぱいだったのが正直なところです。。。

 

そして先ず最初に始めたのが“ワキ脱毛”です。ワキは施術範囲も狭く、万が一トラブルが起こったとしても隠すことの出来る箇所なのでとの事でしたが、施術後のケアもとても丁寧に入念にして頂いたからなのか何のトラブルもなく初回の施術を終えることが出来ました☆
その後の施術でも大きな問題は何事もなく、1年半程で全身脱毛施術を完了することができたんです*\(^o^)/*

 

脱毛に関して、かつての私と同じような悩みを持っていらっしゃる方。。。諦める必要がないことを私は身を呈して体感しました^_^

続きを読む≫ 2014/09/11 00:02:11

深夜にやってたテレビ番組のガキの使いやあらへんでで流れていた曲・・・。

 

この歌が売れたのは私のもう一昔前の時代ですが、私も幼少期にはテレビからよく流れていましたね。

 

この曲は中学校のお昼の時間にかかっていて、聞くたびにあの時の情景が思い出されます。

 

私は思春期真っ只中で、野球部の先輩のおっかけをしていた時代です。

 

とてもカッコいい先輩だったので後輩にはライバルがたくさんいましたし、私は恥ずかしがりやなので
一度たりとも話かけたことなどなく中学を終えた苦い記憶があります。

 

中学時代には私の顔にはブツブツのにっくきニキビがたくさんできていました。
毎日毎日がとても嫌でしたし、私自身の事も好きになれなかったと思います。

 

でも、今考えればしょうがない事なんですよねぇ。思春期にはホルモンバランスが崩れやすく、その影響で
ニキビができてしまうと大人になってから知ったからです!

 

特に私は生理が安定していなかったので、人よりもホルモンバランスが不安定だったのでしょう。

 

どうもホルモンバランスが崩れると皮脂が異常分泌してしまうようで、顔の毛穴にある皮脂が皮膚の
内側で外に出てこれず詰まってしまって、ニキビに発展してしまうそうなのです。

 

ニキビで一杯だった私は時間があれば洗顔をしていました。しかし、それもやりすぎは逆効果だったみたい。
洗顔をやりすぎると皮膚表面の角質が硬くなって余計に毛穴が詰まりやすくなってしまうから。

 

だからなのかぁと初めて知ったのは実は昨日w

 

あの時はそんな知識がひとかけらもなかったことが今では悔やまれます。

 

ブツブツのニキビを爪で潰しては、また大きくなってでき、、、その繰り返し。

 

やがて高校生になってニキビは減少していきましたが、代わりに残ったのは爆弾を落としたかのような
ニキビ跡だったのです。

 

ニキビ跡はニキビよりもやっかいでした。なぜか?って、それはなかなか治らないからです。

 

爆弾で弾かれてしまった皮膚表面が元の平らの状態になるまで、数年かかりました。

 

もうニキビは2度と潰しませんよ〜皆さんもニキビ跡の恐怖にかられないようにニキビは潰さないようにしましょうね。

続きを読む≫ 2014/09/06 10:16:06

美肌になるには日々の努力を怠ってはならず、正しい知識をもって行いましょう。

 

基礎ベースは食事と睡眠が美肌を作り上げます。質の高い睡眠とバランスの良い
食事を取りましょう。
適度な運動を行うことによって、睡眠の質を高めることができ、新陳代謝を上げる為
にも効果的です。

 

ムダ毛の処理にはなるべく自己処理は行わず、脱毛サロンでの脱毛をしましょう。
そうすることによって、肌を傷つけることがなくなり、きれいな肌へと生まれ変わります。

 

 

 

続きを読む≫ 2014/07/21 12:17:21

肌の質が良くなっても必ずしも肌が美しく見えるとは限りません。
それは誰もが日々行っているムダ毛処理の問題です。

 

黄色人種である日本人は肌が黄色がかっています。そこに体毛である黒色の毛があると
全体的に浅黒く見えてしまうのです。

 

当然、ムダ毛の処理はみなさんされていると思いますが、それも正しいムダ毛処理
を行っていなければ、美しい肌に魅せるどころか、逆効果になりえます。

 

間違った自己処理をしていると、肌の角質層を傷つけることになり、赤みを帯びた肌
になってしまいます。

 

酷い場合ですと、色素沈着がおこり、それが年数を経てシミとして残ってしまう場合も
ありますので非常に危険ですね。

 

正しい自己処理の仕方を学ぶことが大切です。

 

通常自己処理ではカミソリ、電気シェーバー、毛抜き等を使うと思いますが、
どのような状況でムダ毛処理を行っているでしょうか?

 

よくあるパターンでは入浴のついでに自己処理を行う人が多いようです。
浴槽は皆さんが考えているよりも多くの雑菌が潜んでいます。

 

自己処理で傷ついた肌にそれらが付着し炎症を引き起こしてしまうことも
ありますので、お風呂場での自己処理は控えてください。

 

またお風呂場の棚にカミソリや毛抜きを置いている人もいますが、先ほども
述べたように雑菌が付着してしまいますので、その場所での管理はやめましょう。

 

多湿は雑菌が多く潜み、またカミソリも錆びてしまいます。そのような
刃で肌を傷つけても良いことは何一つありません。

 

正しい知識をもって自己処理を行うことが何より美肌への最短距離になります。

 

 

自己処理前には、温かいタオルで皮膚を温めてから自己処理をします。
なるべく肌へのダメージは避けるようにカミソリの刃を肌へ押し付けず
優しく剃ることを心掛けます。

 

それでも肌は私たちの見えないレベルで傷つけていることを忘れてはいけません。

 

常に優しく扱うことが大切です。

 

その他の脱毛方法としては、市販で販売されている、脱毛ワックスや脱毛テープ

 

また専門的に脱毛を行う脱毛サロンがあります。

 

市販で販売されている脱毛グッズを使うならば、脱毛サロンへ通う方が長期的
に考えるとお得になります。

 

 

脱毛グッズでの脱毛はまたすぐにムダ毛が再生してくるので、短期的にそれらを繰り返さなければ
なりませんが、脱毛サロンへ通って脱毛してしまえば、半永久的にムダ毛が生えてくること
はありませんのでコスト的にもお得と言えます。

 

何より美肌効果の観点から指摘するならば、自己処理いらずのお肌が美肌への
一番の近道だと思ってください。

 

肌へのダメージを減らす=肌トラブルの原因を作らない

 

 

脱毛サロンへの費用は部位によってもお店によっても価格差があります。

 

キャンペーン等で脱毛サロンによってはお得に脱毛処理ができる時もあるので

 

そのようなチャンスで脱毛を行うのも良いと思われます。

 

 

近年では脱毛サロン店の多くが何かしらの特典を毎月行っているケースが増えています。
数年前と比べれば、格段に脱毛サロンとは身近な存在にありますね。

続きを読む≫ 2014/07/21 12:16:21
ホーム RSS購読 サイトマップ